FC2ブログ

プロフィール

テンポスタッフ

Author:テンポスタッフ
東京都杉並区西荻窪にて新装開店の中野書店です。

インターネット販売と、年3~4回発行予定の目録「古本倶楽部」を中心に書籍販売をしております。

また、2015年3月より毎土曜日は閉架式にて書籍をご覧いただけます。
詳細はこちらからご確認くださいませ。

お問い合わせ等ございましたら、
当店ホームページ
お問い合わせフォームより
ご連絡ください。
    ふくろう

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
top

水木しげる特集①

本日から水木しげるさんを追悼して、いくつか当店在庫のご著書を紹介していきます。
水木さんといえば、なにはともあれ「妖怪」ですね。まずはこの三冊から。

②
「東西妖怪図絵」 昭50 初版 カバー付 読売新聞社 3,150円

全編モノクロで、古今東西の世界の妖怪が紹介されています。墨とペンだけで、大迫力の絵の世界が展開します。魔女や、フランケンシュタインといったおなじみの妖怪(?)も描かれますが、映画でも有名なグレムリンは飛行機を壊して墜落させる空中悪魔だそうで。突然の歯痛をひきおこすベルギーの「歯痛殿下」や、中央アジアの魔神「ズウー」など、おもしろい妖怪がたくさん掲載されています。

「―やはり妖怪の面白さは形である。説明というやつは、あとで追加されたり、いらぬ教訓が入ったりして、大昔の祖先が妖怪をみたり、頭の中で想像して驚いたりする新鮮さが失われたりするものだ。―」(本文抜粋)

装幀も素敵です。ぜひ実際にその目でご覧になって頂きたい本です。

③
「水木しげると日本の妖怪」 平5 NHKプロモーション 1,575円
こちらは水木しげるさんと、日本の浮世絵などにも描かれた妖怪を特集した展覧会の図録です。前編カラーで、歌川国芳や月岡芳年、小川芋銭などの絵も掲載。


①
「妖怪百物語」 絵で見るおばけ百科 昭49 宝文館出版 帯付 5,250円
子ども向けの絵本仕様ですが、オールカラーでおもに鬼太郎と妖怪たちの世界をご紹介。子どもでなくても、夢中になってながめてしまいます。


つづいてのご紹介は、特集②をおたのしみに☆
top

冬だ!スポーツだ!!

今月のおすすめは、スポーツ!秋が終わって冬だけどスポーツ!!

歴史的快挙を成し遂げたラグビー日本代表。
テレビにも引っ張りだこな選手もいらっしゃるようですが、みなさまラグビーのことどのくらいご存じでしょうか。

55402八年の闘い
平尾誠二 八年の闘い 神戸製鋼ラグビー部の奇跡
玉木正之 重版 カバー付 平7 ネスコ 1,050円
「ラグビーとは、かつてイギリスで、町や村をあげて五百人対五百人といった規模で闘われたお祭りのようなボールゲームだった。」
「スポーツとは、自然に生まれた遊びからルールが確立されてできあがったものだが、日本人はルールだけを西洋から輸入した。それだけに、ルールが確立する以前の歴史を知ることが大切なはずである。」(本文抜粋)
ほらほら、盛り上がるならルールとか歴史とかも学びましょうよ。

ちなみに平尾誠二選手とは、卓越したプレーと端正な顔立ちからラグビー界を超えた人物となり、ついには“ミスター・ラグビー”とまで呼ばれるようになった元日本代表選手です。

「あるラグビーの試合を、観客席で平尾といっしょに観戦する機会があった。
(中略)
しばらくして、彼が話しかけてきた。
「玉木さん、△△の11番の選手、ちょっとおかしいですよ」
「あの選手、試合がはじまったばっかりやいうのに、パンツがやぶれて、穴があいてまっせ」」(あとがき抜粋)
平尾選手とはこんな方。

もうお一方、ラグビー選手の自伝をご紹介します。

271178楕円球の詩  271178楕円球の詩 署名
楕円球の詩 林敏之自伝
重版 カバー付 平11 ベースボール・マガジン社 1,260円
林敏之さんは日本代表のキャプテンを務めたこともあり、世界で最も通用した日本人ラグビー選手として名高い方。
愛称は『ダイマル』及び『壊し屋』。

「いま、ラグビーをしている人、これからラグビーを始める人には、「浸りきれよ」と言いたい。
浸りきって、つきつめてやればそれだけの気づきが返ってくる。浸りきって、ときめいて、生きようではないか。」(本文抜粋)
どれだけラグビーを愛し、そして楽しんできたかがこの一文だけでもわかる。
ラグビーって、とても激しくてとても素敵なスポーツです。

さて、どんどん寒くなるこの季節。
ウィンタースポーツの代表といえばこちら。

187753スキーMAGIC  187753スキーMAGIC 署名

スキーMAGIC
三浦雄一郎 初版カバー帯 ペン識語署名入 平3 同文書院 1,575円

「この本が、雪の魔法の世界マジックランドを知る人にはさらにそれをすばらしいものに、そしてまだ知らない人には思い切って飛び出したくなる、そのきっかけにもなればいいなあと思ったりしております。」(まえがき抜粋)
埼玉生まれ埼玉育ちの私はあまり雪遊びをしてこなかったので、ウィンタースポーツって憧れです。
遊びに行く前にこの本を読んだら、きっと読まずに行くより楽しめる?!

スポーツ選手の本もいいけれど、こんな本もいかがでしょう。

331613夢のオン・エア  331613夢のオン・エア 署名
夢のオン・エア 放送席から見たヒーローたちのドラマ
島村俊治 初版 カバー帯付 ペン署名識語「夢」入 平6 ベースボール・マガジン社 1,260円
NHKアナウンサーの著書です。
「本書は私の伝えた「勝負の世界」を再現し、実況中継という限られた映像の中で表現し切れなかった選手の想い、私の視点を書き綴ったものである。」(まえがき抜粋)
かつてテレビで見た試合を思い出しながら読むのも、一つの楽しみ方でしょうか。

最後にこの一冊。

275955覇者田中昌彦の組手
空手道 覇者 田中昌彦の組手
再版 カバー付 平8 ベースボール・マガジン社 1,260円
武道って素敵ですよね☆

モコモコ
top

11月のオススメ♪

先月に続いてNHK朝ドラ「あさがきた」のお話です!
広岡浅子と同じく、激動の時代を駆け抜けた女性のご紹介です。

図4

図3

黙移 相馬黒光 初版 函付 昭11年 女性時代社 8,400円

相馬黒光は明治時代、女性実業家として活躍しました。
本名は相馬良といいますが、女学校時代の学長が彼女の文章を読み、
「あなたの溢れる才気(光)を黒で少し隠しなさい」という意味を込めて
「黒光」の名を贈ったそうです。黒光は養蚕事業課・相馬愛蔵と結婚し、
パン屋中村屋を創業、パン文化を生み出しました。
この著作には彼女の女学校時代から結婚、出産、起業、そして多くの芸術家たちを
サポートした足跡が紹介されています。

図5

女の務むべき道 嘉悦孝子 初版 少ヤケ書込蔵印有 大6年 泰山房

こちらは嘉悦学園を創設し、女子教育につくした嘉悦孝子です。
彼女は「怒るな働け」主義で良妻賢母を教育の目標とします。

主婦の心得のひとつとして「心を大きく愉快に」とあり
「多少嫌なことがあっても、善い方に解釈し、気に喰はぬことがあっても、
却って之を面白いこととし、どんなひどいことを云はれても、
何時もにこにこして居りたいものです。」と説いています。
他にも「堪忍の心を養う」「勤勉三昧たれ」など、約100年近く前の書籍ですが、
現在読んでもしみじみと感じてしまう文章になっています。

強くたくましい彼女たちに触発されて、どことなくエネルギッシュになります!(`・ω・´)
top

10月のオススメ☆

NHKの朝ドラ『あさが来た』
みなさんはご覧になってますか?
豪気・英明な天性から「一代の女傑」と称えられた、作品のモデルで女性実業家の広岡浅子さん。
いやいや、いつの時代も強かな女性はいるものです。

世界女性史
世界女性史 トリュック/森乾・松本亮訳
初版 カバー付 昭46 久保書店 1,260円

原始世界からほぼ現代にいたる数千年の女性の歴史の消息を、主として女性解放運動の歴史を軸として書かれた、読みやすい社会科学本です。
巻頭には多くの写真が挿入されています。

世界ではなく日本の女性史を。とお考えならこの本はいかがでしょう。
人物婦人運動史
人物 婦人運動史 明治・大正・昭和のあゆみ 金森トシエ
初版 カバー付 少汚有 昭55 労働教育センター 1,575円

著者の金森さんは拓殖大学政経学部卒業生。同大学初の女子学生でもあります。
さらには読売新聞社に正式採用の女性記者第1号として入社したジャーナリスト。
この方もまた、強かな女性の一人でしょうか。

最後にお勧めするのがこちら。
廓読本
廓読本 中村長次郎著並刊
初版 松・竹・梅之巻 3冊揃 帙付爪傷ミ有 発禁本 昭11 東京興信新報社出版部 47,250円

松之巻には遊郭の沿革や経営法など、竹之巻には娼妓の沿革や遊芸技能などが書かれておりますが、
個人的におすすめなのが梅之巻。
ごく一般的な礼儀作法や年中行事などが記されています。
例えば椅子の座り方などは学んで損のない所作ではないでしょうか。

現代女性よ 所作も心も美しきあれ♪
モコモコ
top

9月のオススメ♪

何かとデザインの話題が多い今日この頃です。
オリンピックのエンブレムは再公募となったようですが、
一体どんなものになるのか注目が集まりそうです。

デザインはデザインでも、広告のデザインについてのこの1冊☆彡

図1


世界各国の街頭広告が写真つきでいっぱい掲載されています。
面白いのは海外で日本をモチーフにデザインされたものです。
お相撲さんがジョッキを持って土俵入りしているパリのビールの広告や、
芸者さんの簪が時計の針に見立てられているイギリスの航空会社の広告が出てきます。
中には赤い目をした写楽が火を吹いているアメリカの看板もあります。
ゴジラと混ざっちゃったのでしょうか…(゜-゜)

図2

国によって広告も様々です。
私は香港が好きなのですが、香港は街自体がごちゃごちゃしていて雑多な印象です。
そうすると広告もやはりごちゃごちゃしたデザインになっていて面白いです。

普段見ているようで見ていないような広告。これを機に街中の広告に目を光らせてみようかと思います!

おまけのもう1冊!新国立もどうなるのでしょう!?

図3

top

前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。