プロフィール

テンポスタッフ

Author:テンポスタッフ
東京都杉並区西荻窪にて新装開店の中野書店です。

インターネット販売と、年3~4回発行予定の目録「古本倶楽部」を中心に書籍販売をしております。

また、2015年3月より毎土曜日は閉架式にて書籍をご覧いただけます。
詳細はこちらからご確認くださいませ。

お問い合わせ等ございましたら、
当店ホームページ
お問い合わせフォームより
ご連絡ください。
    ふくろう

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

水木しげる特集①

本日から水木しげるさんを追悼して、いくつか当店在庫のご著書を紹介していきます。
水木さんといえば、なにはともあれ「妖怪」ですね。まずはこの三冊から。

②
「東西妖怪図絵」 昭50 初版 カバー付 読売新聞社 3,150円

全編モノクロで、古今東西の世界の妖怪が紹介されています。墨とペンだけで、大迫力の絵の世界が展開します。魔女や、フランケンシュタインといったおなじみの妖怪(?)も描かれますが、映画でも有名なグレムリンは飛行機を壊して墜落させる空中悪魔だそうで。突然の歯痛をひきおこすベルギーの「歯痛殿下」や、中央アジアの魔神「ズウー」など、おもしろい妖怪がたくさん掲載されています。

「―やはり妖怪の面白さは形である。説明というやつは、あとで追加されたり、いらぬ教訓が入ったりして、大昔の祖先が妖怪をみたり、頭の中で想像して驚いたりする新鮮さが失われたりするものだ。―」(本文抜粋)

装幀も素敵です。ぜひ実際にその目でご覧になって頂きたい本です。

③
「水木しげると日本の妖怪」 平5 NHKプロモーション 1,575円
こちらは水木しげるさんと、日本の浮世絵などにも描かれた妖怪を特集した展覧会の図録です。前編カラーで、歌川国芳や月岡芳年、小川芋銭などの絵も掲載。


①
「妖怪百物語」 絵で見るおばけ百科 昭49 宝文館出版 帯付 5,250円
子ども向けの絵本仕様ですが、オールカラーでおもに鬼太郎と妖怪たちの世界をご紹介。子どもでなくても、夢中になってながめてしまいます。


つづいてのご紹介は、特集②をおたのしみに☆
top

 ホーム