プロフィール

テンポスタッフ

Author:テンポスタッフ
東京都杉並区西荻窪にて新装開店の中野書店です。

インターネット販売と、年3~4回発行予定の目録「古本倶楽部」を中心に書籍販売をしております。

また、2015年3月より毎土曜日は閉架式にて書籍をご覧いただけます。
詳細はこちらからご確認くださいませ。

お問い合わせ等ございましたら、
当店ホームページ
お問い合わせフォームより
ご連絡ください。
    ふくろう

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

「古本屋奮闘記」第6回
「T・N氏の生活と意見-私はこうして値を付ける」

「古書月報」1995年6月発行350号
〈古本屋考現学〉連動企画「特集随筆 古書価のメカニズム-私はこうして値を付ける(第4回)」での掲載文です。

「T氏曰く、本屋にとって一冊の書物との関係は一期一会、お客がついて売れてしまえばそれっきり。同じ本でもコンディションは各々異なるし、当然売価も違ってくる。さらに以前売った本を再度入手したとしても、顧客の興味や需要、或いは売り手の認識、取扱い分野はその時々で微妙に変化することであり、当然その結果は売価に反映する。もちろん売買ともに勘違いも間々ある事。交換会の落札値もご同様で、いわば古書の価格なんぞは女心と秋の空。誰がどんな値を付けようと、どこからも文句言われる筋合いなんかありっこない。売れるか否かはお客の気持ち次第。売れればそれで良し、ついに売れなきゃ本屋の勉強不足として見切るか、在庫を抱えるだけのことさ。
 またN氏曰く、いや古書の価格は自ずと体系的にならねばいけない。一冊の書物にはそれぞれに内容の良し悪し、装幀や状態の美醜、流通の多寡、さらには需要度(人気)がある。こうした諸条件を総合した上で業者は売価を決定すべし。売り手、買い手ともに納得できる価格こそ「相場」であり、良質たらんと欲せば「相場」に通暁すること必須であろう。それには当然多くの売買経験と書物についての不断の検索が必要となり、専門店というのも、ついにはそうした経験と勉強の累積の上に成立するのである。
 さて両氏のご意見を拝聴したT・N氏。つらつら考慮するに、確かに古書は飯の種、売れてくれなきゃ生活に窮し、さりとて仕事に見識は持ちたい。T・N氏はかって独自の相場表なるものを試作したことがある。文芸書の主だった作家の初版本を刊行順に羅列し、他社の目録や市場の値を参考に、標準売価を記したもので、かれこれ一年ほどもかかって作成した力作であった。が、今は全く使わない。一人の作家ですら十年も経つと個々の評価にズレが生じ、相場の目安にすらならないのである。では当時の勉強が無駄であったかと言うと、そうでもなかったと考える。本に価格を付ける「勘」は養われたと自負している。或いは役立たないモノを勉強することが本屋の真骨頂かもしれぬ、などと悦に入って居る昨今である。
 さて、T・N氏の値付けの方法はと云えば、まず第一に目録に載せられるか否か、が大きな分岐点となる。今は大体2千円がロアー・リミット。次に二千円、二千五百円、三千円、三千八百円、四千五百円…とやや変則的なランクのどこに位置づけるかが問題となるが、これには、経験、仕入れ値、他店の目録、調査の結果等々が渾然一体となって、さていくら、となる。かなり情緒的たるをまぬがれない。メカニカルなものと大蹠に位置するものであるが、やがていつの日か誰に公言するのも憚らない価値大系、価値基準を得たいものだとあこがれて居るのである。こうしてT氏の意見に身を寄せつつ、遥かN氏を仰ぎ見て、T・N氏の古書道はさらに続くのである。」
「古書月報」1995年6月発行350号
top

 ホーム