プロフィール

テンポスタッフ

Author:テンポスタッフ
東京都杉並区西荻窪にて新装開店の中野書店です。

インターネット販売と、年3~4回発行予定の目録「古本倶楽部」を中心に書籍販売をしております。

また、2015年3月より毎土曜日は閉架式にて書籍をご覧いただけます。
詳細はこちらからご確認くださいませ。

お問い合わせ等ございましたら、
当店ホームページ
お問い合わせフォームより
ご連絡ください。
    ふくろう

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウンター

追悼 鶴見俊輔氏

政治運動家としても知られる、哲学者の鶴見俊輔氏。
彼の著作をご紹介いたします。

戦後を生きる意味
戦後を生きる意味
再版 カバー帯付 朱書込有 昭56 筑摩書房 1,260円

戦後にうまれそだった人びとにまじってくらしてゆく時にも、私の望みはそういうところにあり、
そこからはなれると自分の道すじを見失ってしまう。
そういう問題の保ち方は、今の若い人にはおろかだと感じられるかもしれないが、
別の流儀で今のところをほっているうちに共通の場所に出て、
問題の共通性におたがいに気づくこともあるかもしれない。(あとがきより抜粋)

15年間、毎年8月15日に頭髪を切り、丸坊主にしたという鶴見氏と安田武氏、山田宗睦氏。
その行為に込められた思いを理解することができるだろうか。

高野長英
高野長英
初版 カバー帯付 昭50 朝日新聞社 1,575円

後世からみると、長英の決断の前提となった歴史的判断は間違っていた。
しかし、法に従わないで生きる道を選んだという長英の決断は、
封建社会の道徳に押しつぶされない弾力的なエゴに裏打ちされた行動であり、
ひとつの思想として私たちの前におかれる。(帯より抜粋)

マンガやジャーナリズム、近代史について、とてつもない知識を持っていたという鶴見氏。
そんな彼が編集にかかわっているこの書籍も紹介。
前衛漫画傑作集
第2期・現代漫画12 前衛漫画傑作集
初版 函帯付 昭46 筑摩書房 1,575円

赤瀬川原平や佐伯俊男、つげ忠男など、新たな漫画表現を模索する17作家の傑作集。

同シリーズの内「永島慎二集」「滝田ゆう集」「福地泡介集」「富永一郎集」も在庫があります。
これらは8月1日のガレージセールにて陳列予定。

以悲留-1 以悲留-3
以悲留 第2号
安田武をイビル会 昭58 4,725円

以悲留-2
「同時代に生きる―60年安保闘争側面私史―」という芳談会が掲載されている。
芳談者は鶴見俊輔・山田宗睦・安田武・白鳥邦夫の4名。

各々の人生を思い出しながら語る戦後の時代。
笑もあれば、胸に刺さる言葉も出る。

死んだ人々は、還ってこない以上
生き残った人々は、何が判ればいい?
この言葉の重さをかみしめながら、戦争で死んだあらゆる人々の冥福を祈りつつ。(編集後記より抜粋)

モコモコ
top

 ホーム